<< あきのばら | HOME | 100年前の音は >>
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
 未来の音は


藤元高輝さんのクラシックギターリサイタル。


誘われて、はじめて足を運びました。

もう、また、聴きにいきたい!

と思うのです。

まだひと月もたたないのに。

 

むつかしそうな曲を

鉛筆で素描でもするように

やすやすと弾いているようにみえて。

それでいて未完な印象。

なんだかとっても未来のある感じなのです。


 


生まれ変われたらこうなりたい!

とは思えても、どうしようもできないこと。

でも、自分にはない未来を素直に応援してみると

自分まで勇気が出てくるのだから不思議です。

新しいことに挑むときの、

積極的な謙虚さはいいわけ
と横に置いて

ただ前に進もうと思うのです。










 

| できごと | comments(0) | trackbacks(0)
 スポンサーサイト
| - | - | -


 COMMENT


 POST A COMMENT









 この記事のトラックバックURL
http://kaoribossa.jugem.jp/trackback/34
 TRACKBACK



CALENDAR 
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PROFILE 
CATEGORIES 
ARCHIVES 
SELECTED ENTRIES 
RECENT COMMENT 
RECENT TRACKBACK 
RECOMMEND 
お問い合わせ 
twitter 
LINKS 
OTHER 


MOBILE 
qrcode