<< 未来の音は | HOME | 体温計 >>
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
 100年前の音は
 

あなたも弾いてみなさい。

トーレス、のギター。。。?

 

 

 



 

先ほどの君の演奏は

うん、なかなか良いね。。。

  

もちろんそのことばは、私に

むけられたものではないけれども。

 

1889年。

なくなる3年前の作品。

 

おお、そうだ。タレガの直筆の楽譜があるのだよ。

みせたことがあったかな?


 

目の前のソファで交わされる会話。

音楽みたいに耳に入ってくる。

意味がわからなくとも。

 

どうやら100年以上も前に

作られたらしいギターを、私は

抱きかかえている。

 

もう、これきり、さわることなどない!

と思うのに!

ただ、抱きかかえている。

 

どうしてかって、

弾く動作をしてみたけれど

かすれて

まるで鳴らない。私の前では

このギターは楽器としてあらわれないの?

 

古いワインみたいに。

こちらが何も持っていなければ

渋い苦みだけ。なにも引き出せない!

 

トーレスのギターが
逃げるように

目の前の会話の主の手に渡るとにわかに
うつくしい旋律が流れる。

音楽の不思議に

すこしだけうっとりとなる、
のだけれど。


 

 



あなたも弾いてみなさい。

 

このことばが

永遠の課題のように、私のなかに

響いている。




| ひとりごと | comments(0) | trackbacks(0)
 スポンサーサイト
| - | - | -


 COMMENT


 POST A COMMENT









 この記事のトラックバックURL
http://kaoribossa.jugem.jp/trackback/35
 TRACKBACK



CALENDAR 
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PROFILE 
CATEGORIES 
ARCHIVES 
SELECTED ENTRIES 
RECENT COMMENT 
RECENT TRACKBACK 
RECOMMEND 
お問い合わせ 
twitter 
LINKS 
OTHER 


MOBILE 
qrcode