<< 5月の恋人 | HOME | 夏休み >>
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
 アルハンブラ宮殿の思い出

 

 

偶然が何かを決定することがあるとしたら

自分の意思って何なのかしら?

 

アルハンブラ宮殿の思い出。

クラシックギターにたずさわるなら

知らないひとはいない

あまりにも有名な楽曲。

らしいの?

そんなふうで

よく知らず

その美しさを

放ったままでいた。とても私の

手におえるものではないって。

 




アミーゴス

という、クラシックギターの会が

久方ぶりに開かれるのだけれど。

出てみる?

 

タレガの、

トーレスの、

クラシックギター。

あまりにも

どこか遠くで鳴っている音。

 

トーレスのギターに触れたときの

星を見ているような

実感のない

まるで未来な感覚。

 

が、ふと、瞬くように戻って

消えた。

 

でも。

だって。

うた、なら?

ギターでの弾き語りなら?

 

おかしな考えがよぎる。

けれど今度は消えないで

とどまっている。 


クラシックギターを愛する人びとの前で

どうしようという

心配もなぜかよそになり、

泉のように自然に声が流れ出て

ホールにこだまして、消えた。

 



 
| できごと | comments(0) | trackbacks(0)
 スポンサーサイト
| - | - | -


 COMMENT


 POST A COMMENT









 この記事のトラックバックURL
http://kaoribossa.jugem.jp/trackback/40
 TRACKBACK



CALENDAR 
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PROFILE 
CATEGORIES 
ARCHIVES 
SELECTED ENTRIES 
RECENT COMMENT 
RECENT TRACKBACK 
RECOMMEND 
お問い合わせ 
twitter 
LINKS 
OTHER 


MOBILE 
qrcode