スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
 水底 みなそこ
底に、いる。
深く、広い。水が張っていて
上からみている時には
すぐに息が続かなくなると
思っていたのに
なんでもない。

仰向けにねる。立ち上がる。歩く。
走ってみる。
なんでもできる。
気が、する。
ただ地上の様子がわからない。
深すぎて。

もうずっと。落ちないようにしてきた。
細心の注意をはらって。でも無意識に。
どうしてあんなに怖がっていたのかしら。
どうして。

うつ伏せになると
視界がしだいにひらけてきて
世界が見えてくる。
天にいるみたい。
背負うものがないから
とても軽い。

どうして気がつかなかったのかしら。
ころもを一枚纏っていれば十分で
溢れさせる必要など
まるでなかったのに。








 
| ひとりごと | comments(0) | trackbacks(0)
 冬の雷

何かが光ったような気がして
目が覚めた。
冬の真夜中。
どろどろどーん、
続く低い地鳴りのような音。
なにかしら…かみなり…まさか…
ふゆに…うとうとしかけたところに
また光。
いなずま…。
そして、ゴロゴロドーン。
そういえば。雨音がしている。
ずいぶんと烈しい。
やはり雷が落ちたのだ。

なにか悪い行ないをしたかしら?
夜の暗闇はなぜか、
こどものころの恐怖心を呼び覚ます。
耳を塞いでも目を瞑っても、
止まない。ざざざどーん、どーん。

悪いこと?どんなことを?
思い出して!
肩をぐらぐら揺さぶられる。
謝らないといけない、の?
思い当たること。
たくさんあるようなのに、
これといったものがない。
冬だというのに
まわりはじめた走馬燈の、
動きが次第に早くなって
やがてわからなくなった。





次に目が覚めると
朝だった。
水たまりがところどころ
のこっている。
夕べはきっと
なにか不用意なことを
言ってしまったのだ。
あんなに怒るなんて。

洗濯を、
してしまおう。
冬のこんな晴れた日には
きっとすぐに乾いてしまう。






| ひとりごと | comments(0) | trackbacks(0)
 もっと強く弾いて☆ウクレレコンサート




「もっと強く弾いて。それじゃあ、二重奏にならない。」

「。。。はい。」


「。。。」


「強くって?どう弾くのですか?」


「。。。?」


「そもそもストロークってどう弾くのですか?」


「。。。!教えたことなかったっけ?」


「ないです。」


「。。。!?そうだっけ?」


「ないです。」


「や、なんか、できてるような気がして」


「。。。(ありえ)ないです!
まだはじめて数ヶ月です!!」


「。。。!そうだっけ?」


「そうです!!!」

 

ウクレレをはじめて

ひとりでじゃかりんと

楽しんでいるだけならよかったのですが

コンサートで弾くとなるとちがいます。

この調子でよいの?

どうこまでいけるの?

というか、プレデビューできるの?

結果は。。。

ミューズ音楽館にてにて☆

 


矢橋幸男ウクレレコンサート♪

10月27日(日)15時より
ミューズ音楽館 
 名古屋市北区大曽根2丁目8番58号
 TEL 052-910-6700
 メール office@muse-ongakukan.com
 http://www.muse-ongakukan.com/index.html
 
 一般2000円 会員1500円 
 中学生以下1000円

 

 
| ライブ | comments(0) | trackbacks(0)

CALENDAR 
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PROFILE 
CATEGORIES 
ARCHIVES 
SELECTED ENTRIES 
RECENT COMMENT 
RECENT TRACKBACK 
RECOMMEND 
お問い合わせ 
twitter 
LINKS 
OTHER 


MOBILE 
qrcode