もっと強く弾いて☆ウクレレコンサート




「もっと強く弾いて。それじゃあ、二重奏にならない。」

「。。。はい。」


「。。。」


「強くって?どう弾くのですか?」


「。。。?」


「そもそもストロークってどう弾くのですか?」


「。。。!教えたことなかったっけ?」


「ないです。」


「。。。!?そうだっけ?」


「ないです。」


「や、なんか、できてるような気がして」


「。。。(ありえ)ないです!
まだはじめて数ヶ月です!!」


「。。。!そうだっけ?」


「そうです!!!」

 

ウクレレをはじめて

ひとりでじゃかりんと

楽しんでいるだけならよかったのですが

コンサートで弾くとなるとちがいます。

この調子でよいの?

どうこまでいけるの?

というか、プレデビューできるの?

結果は。。。

ミューズ音楽館にてにて☆

 


矢橋幸男ウクレレコンサート♪

10月27日(日)15時より
ミューズ音楽館 
 名古屋市北区大曽根2丁目8番58号
 TEL 052-910-6700
 メール office@muse-ongakukan.com
 http://www.muse-ongakukan.com/index.html
 
 一般2000円 会員1500円 
 中学生以下1000円

 

 
| ライブ | comments(0) | trackbacks(0)
 夏休み

夏休み、と言ったって!

いつもと違う、何かをするとか、

何かが起こるとか、

ではないの、まったくもって!

だって、

いつもそんなふうに

過ごしているのだから。

そう、じぶんの裁量に任されている!

ただし資本は無しで!なんて

まるでほんとうに

子どものころの

夏休みみたいに。


 


大人になってからの夏休みを

どうしていたか想い出してみると

、、、遣い尽くしていた。

それまでに懸命に
あつめてためていたものを

消し去るように。

お休み?

何もしないこと、なんて、

無駄遣いなんだから、なんて!

 

いまだってほんとうは

そういうことをしたくてならないのだけれど

どこかで

このままできないままでいることを

欲している。

 

ほんとうのゆたかさってなんだろう

なんて子どものころの

夏休みの宿題を

今頃になってなんとなく本気で

考えているの

だから、可笑しい!





 

| ひとりごと | comments(0) | trackbacks(0)
 アルハンブラ宮殿の思い出

 

 

偶然が何かを決定することがあるとしたら

自分の意思って何なのかしら?

 

アルハンブラ宮殿の思い出。

クラシックギターにたずさわるなら

知らないひとはいない

あまりにも有名な楽曲。

らしいの?

そんなふうで

よく知らず

その美しさを

放ったままでいた。とても私の

手におえるものではないって。

 




アミーゴス

という、クラシックギターの会が

久方ぶりに開かれるのだけれど。

出てみる?

 

タレガの、

トーレスの、

クラシックギター。

あまりにも

どこか遠くで鳴っている音。

 

トーレスのギターに触れたときの

星を見ているような

実感のない

まるで未来な感覚。

 

が、ふと、瞬くように戻って

消えた。

 

でも。

だって。

うた、なら?

ギターでの弾き語りなら?

 

おかしな考えがよぎる。

けれど今度は消えないで

とどまっている。 


クラシックギターを愛する人びとの前で

どうしようという

心配もなぜかよそになり、

泉のように自然に声が流れ出て

ホールにこだまして、消えた。

 



 
| できごと | comments(0) | trackbacks(0)

CALENDAR 
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PROFILE 
CATEGORIES 
ARCHIVES 
SELECTED ENTRIES 
RECENT COMMENT 
RECENT TRACKBACK 
RECOMMEND 
お問い合わせ 
twitter 
LINKS 
OTHER 


MOBILE 
qrcode