スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
 5月の恋人
 

新緑が目にしみる5月にもなると

日差しもやや強く、

バスを待つわずかな時間でも日陰を探して

少々行儀がよくないけれど、

住宅の塀に寄り添うようにしゃがみこんでいた。


 

道路を挟んで向かい側は、

フェンス越しに緑の芝生と大きな木々。

そして大きな家々は、敷地が広すぎるせいで

そうは見えず、申し訳なさそうに

所々、建っている。

 

あいかわらず、ひとがいない。

 

子供のころでも、

そこが日本であって日本でないことは

なんとはなしに感じていたけれど

それにしても、ひとの姿が見えないことは

とても不思議だった。

 

もっとも、出入り口は、

遥か向こうの隣の市なのだから

いま見えているあたりはかなり辺境なのだろう、

無理からぬことなのかもしれない。

 

だから、流暢な日本語で話しかけてきたひとを

見上げて、女のひとの、漆黒の肌を認めたとき

少なからず驚いてしまった。

 

公衆電話、近くにありますか?

(このあたりは住宅街だから。。。)

わからないけれど、この通りを歩いて行くと

右側にコンビニがあります。

 

M団地はどのあたりですか?

(恋人にでも会いに行くのかしら?)

それなら、通り沿いをずっと歩いて行って

ちょうど次のバス停辺りです。

 

そのひとは、硬い表情のまま、

わずかにうなずくと、足早に歩き出した。

背中を見送りながら、ふと思ったのだけれど。

ひょっとして、そうではなくって、

ただ駅に向かいたいだけで、

たまたま聞き知ったバス停がM団地だったのかしら?

 

遅れてきたバスに

いつもなら苛立つところだけれど

なんだかほっとしたような気持ちになって

乗り込んだ。

次のバス停まで、歩いても5分くらいだから。。。

でも、そのひとはいなかった。

やはり恋人のところに行ったのだろうか。




| ひとりごと | comments(0) | trackbacks(0)
 一柳ギター工房

  

市から車で2,30分も離れると

小さなたたずまいの美しい、古い町に着く。

昔ながらの道なのだろうか、

入り組んでいて、足を迷わせていると

ひょいと、手を振って笑顔で現れた。 


だいぶん、印象が違うでしょう?

そして、お顔をくしゃっと緩ませる。

しなやかな木の、年輪。のように。

 

まるで選ばれたみたい。

そんな風に思い違いをしてしまうほどに。

声が、自然に出てくる。

ギターが指揮者のように、導いてくれて。

和音が無理なく重なる。

 

いいねえ。ボサノヴァうたうの、

はじめてきいたよ。

 

ことばの意味はそのままでないにしても!

なんということ!

弾いても良いの?ともかく

入り口に立っている私に、

ほら、ここまで来たら弾かせてあげるよ、と

やさしく手を振ってくださったのだから。

 

良い楽器ほど

すばらしい頑固さでもって

むやみにひとを寄せ付けない、

ひとを選ぶような、気持がしていたけれど。

それはもしかしたら、昔すぎること?

どこか遠くでかすかに鳴っている。

 

はじめて来たものには、

町はずっと変わっていないかのように、

見える。でも。

いまあるのは、ひとに沿って、

やさしく進化してきたから、だとしたら!



 蟹江町の町並みに水瓶が残されて。




| おさんぽ | comments(4) | trackbacks(0)
 ハナミズキ
  

気がつかなかったの?

ハナミズキがもうこんなに咲いている。

かわいた空気がそこだけしっとりと白い。
 

数日前に気がついたのは

のどの痛み。それを潤すような

そんな明るい白さ。

 

白くなっている。かわいて。

使い過ぎてしまったのだね。

 

不意に、とつとつと、

語られるような印象で

聞き逃さないよう、

硬くなって、

全身を耳のように傾けていたのだけれど。

ほんとうはとてもわかりやすく

お話してくださっている。

分厚いご本をぽんと開いて。

 

コンピュータの画面は見当たらない。

診察と説明は、器具と本。先生の手と言葉。

けれども終わったとき、

答えがほとんどそろっている

ような気がして。

ほっとしている。

最初の、

気むずかしいお医者さまの印象が

すっかりゆるんでしまった。

 

ゆるめることも大事だって

つい忘れてしまう。

 

外に出て、

見上げた空の青がやや霞んでいる。

花だって、蕾をゆるめる、

そんな季節がもう来ていたのに!





 3月10日 日曜日のコンサートについて


ご来場いただいたみなさま

ありがとうございました。

当日は強風の悪天候とマラソンによる交通不便。

そんな冬に戻るかのような日、

どうなる事かと案じていましたが

たくさんの方々にお集まりいただいて

春をきざすような

あたたかなコンサートに

していただけたと思っています。

感謝いたします。



| - | comments(0) | trackbacks(0)

CALENDAR 
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
PROFILE 
CATEGORIES 
ARCHIVES 
SELECTED ENTRIES 
RECENT COMMENT 
RECENT TRACKBACK 
RECOMMEND 
お問い合わせ 
twitter 
LINKS 
OTHER 


MOBILE 
qrcode